Home > モンスター図鑑 > ディアブロス

ディアブロス

ディアブロス
別名角竜
英語名称Diablos
中国語名称角龍
種別飛竜種
破壊可能な部位角(2段階)、尻尾、背中
咆哮
風圧
出現場所大蟻塚の荒地(6,8,13[初],14[休])
弱点の
肉質
尻尾
有効
属性
×
状態異常麻痺睡眠めまい爆破減気
アイテム閃光玉音爆弾シビレ罠落とし穴設置肉こやし玉
×

※データは過去作のものになります。

属性は◎ > ○ > △ > ×の順で有効。
◎:最も有効 ○:そこそこ有効 △:ダメージは入るが効果は低い ×:ほぼ無効

ディアブロスの肉質

肉質は◎ > ○ > △ > ×の順で有効。
数値の場合は、数値が高いほどダメージが与えやすい。0は無効。
部位切断打撃エキス
241520015152015
454530010101510
687540010101010
背・翼2342201015152515
翼膜403045010102010
35353505855
尻尾502460010151010
尻尾先端2235101015153015

※データは過去作のものになります。

ディアブロスから入手できる素材

下位上位
本体剥ぎ取り(3回)角竜の骨髄、角竜の牙角竜の堅殻、角竜の牙、角竜の堅甲
捕獲報酬角竜の堅甲、角竜の堅殻、角竜の尾甲、角竜の牙×2、角竜の延髄、竜玉
角(2段階)破壊報酬ねじれた角、上質なねじれた角
尻尾破壊報酬角竜の尾甲、角竜の堅殻、角竜の延髄、竜玉
背中破壊報酬角竜の堅殻×2、角竜の堅甲
落とし物(3回まで)条件:壁に角が刺さったとき
竜のナミダ、竜の大粒ナミダ、角竜の堅甲

ディアブロス攻略

砂漠に生息し、頭に巨大な2本の角を持つことから別名「角竜」と呼ばれる飛竜種のモンスター。

大蟻塚の砂漠の地下に生息し、地上の音を検知すると地面を突き破って飛び出してくる性質がある。
具体的には、エリア8の中央部で、小型の翼竜のノイオスにスリンガーで攻撃を当てると鳴き声をあげ、反応して地面を突き破って地上に飛び出してくる。
この性質を利用することで、地上にいるボルボロスなどの他のモンスターをおびきよせて飛び出し攻撃を当てることでダメージを与えることができ、さらに地下エリアに落下させてダウンを奪うことができる。

【MHWでの変更点】
基本的な行動パターンや特徴については大きな変更点はない。
地下のエリア13にいるときには、地上のエリア8で翼竜のノイオスにスリンガーを当てて鳴き声を出させることで地上に飛び出させることができ、他の大型モンスターを巻き込むことができる習性があるのは覚えておきたい点。

【ディアブロス攻略】
・ 氷属性が最も有効
・ 切断、打撃系武器の場合は腹、弾の場合は尻尾が弱点
・ 怒り状態でないときで地中に潜った時に音爆弾を当てると地上に飛び出してきてしばらく無防備になる性質があったが、本作では未検証なため不明。
・ 角の部位破壊前に突進して障害物があった場合、角が刺さって一定時間抜けなくなって身動きが取れなくなる。
この性質を利用して、柱などの障害物のある場所まで移動して突進を誘発し、動きを止めるのも有効。
・ 怒り状態になると口から息が漏れる。
怒り状態になると行動速度が上昇するので注意が必要。
・ 角は2段階破壊することで報酬が得られる
・ 疲労状態になるとエリア6へ移動してサボテンを捕食する。
・ 残り体力が少なくなると脚を引きずって移動し、エリア14で寝て休息する

【他のモンスターとの戦闘】
ボルボロスとは同じエリアで対峙すると敵対して戦闘を開始し、突進で大ダメージをボルボロスに与える。

【ベータテストでのディアブロス】
ベータテストでは大蟻塚の荒地でメインターゲットではないが出現し戦うことができた。
ベータテストでは、攻撃力が高く強敵だったが上級者のプレイヤーでは討伐に成功した方も多数報告された。

ディアブロスの攻撃パターン

攻撃方法詳細
地中からの急襲地面に潜った後にハンターのいる場所をめがけて潜行し、地上に飛び出して攻撃する。
威力が高い危険な攻撃で、ガードできる武器の場合はガードでやり過ごすのも手。
突き上げ攻撃前方に進みながら頭を突き上げるように攻撃する。
予備動作が小さい。
連続突き上げ攻撃前方に2連続で角を突き上げて攻撃する。
突進攻撃構えた後に前方に突進し、角を突き上げて攻撃する。
突進先に障害物があった場合、角が部位破壊前の場合刺さって一定時間抜けなくなって身動きが取れなくなる。
タックル身体を引いてから前方にタックルをして攻撃する。
後方尻尾振り攻撃後方に尻尾を左右に振って攻撃。
尻尾を切断するとリーチが短くなる。
後方にいるときによく使用してくるが、突進後にそのまま使用してくることも多い。
咆哮【大】咆哮をして周囲をひるませる。

topヘ戻る