Home > モンスター図鑑 > リオレウス

リオレウス

リオレウス
別名火竜
英語名称Rathalos
中国語名称火龍
種別飛竜種
破壊可能な部位頭、翼、尻尾、背中
咆哮
風圧
出現場所古代樹の森(5,11,12,14,15,16[休])
弱点の
肉質
有効
属性
×
状態異常麻痺睡眠めまい爆破減気
アイテム閃光玉音爆弾シビレ罠落とし穴設置肉こやし玉
×

※データは過去作のものになります。

属性は◎ > ○ > △ > ×の順で有効。
◎:最も有効 ○:そこそこ有効 △:ダメージは入るが効果は低い ×:ほぼ無効

リオレウスの肉質

肉質は◎ > ○ > △ > ×の順で有効。
数値の場合は、数値が高いほどダメージが与えやすい。0は無効。
部位切断打撃エキス
656555010151020
303020010101010
背中2530201510201025
腹部4050150520510
尻尾4540250510520
252025010251035
3025450510510

※データは過去作のものになります。

リオレウスから入手できる素材

下位上位
本体剥ぎ取り(3回)火竜の甲殻、火竜の鱗、火竜の翼膜、火炎袋、火竜の骨髄火竜の堅殻、爆炎袋、火竜の翼、火竜の上鱗、火竜の延髄
捕獲報酬火竜の甲殻、火竜の骨髄、火竜の逆鱗、火竜の翼膜、火竜の尻尾火竜の堅殻、火竜の翼膜×2、火竜の翼、火竜の尻尾、火竜の延髄、火竜の逆鱗、火竜の紅玉
頭破壊報酬火竜の鱗、火竜の甲殻、火竜の逆鱗火竜の上鱗、火竜の堅殻、火竜の甲殻×2、火竜の逆鱗、火竜の紅玉
翼破壊報酬火竜の翼爪、火竜の翼膜、竜の爪x4火竜の翼爪×4、火竜の翼、竜の爪x5
尻尾破壊報酬火竜の尻尾、火竜の鱗、火竜の骨髄、火竜の逆鱗火竜の尻尾、火竜の上鱗、火竜の鱗、火竜の延髄、火竜の逆鱗,火竜の紅玉
背中破壊報酬火竜の甲殻、火竜の骨髄、火竜の逆鱗火竜の堅殻、火竜の延髄、火竜の骨髄、火竜の紅玉
落とし物条件:
竜のナミダ、火竜の鱗、火竜の逆鱗竜のナミダ、竜の大粒ナミダ、火竜の上鱗、火竜の紅玉

リオレウス攻略

シリーズでおなじみの飛竜種のモンスター。
炎のブレスを吐いて攻撃してくることから「火竜」と呼ばれている。
リオレイアとは雄雌の関係にあり、リオレウスは雄。
リオレイアと比較すると飛行能力に優れていることから「空の王者」とも呼ばれている。
本作では、古代樹の森の最上部の巣に生息している主。

【リオレウスのいる場所への行き方】
・ 古代樹の森では、エリア15〜16を棲み家にしているので、エリア17のキャンプから降りていくとエリア16のリオレウスの巣にすぐたどり着くことができる。
戦闘開始は様々な場所へ飛行して移動することがあるが、一旦発見した後であれば、生態マップを開いて、マップに表示されたリオレウスのシンボルに合わせてR3で押すことで、導蟲が誘導してくれる。
リオレウスの巣へ下から移動する場合は、エリア11の南西のほうにあるツタから上へ登っていくとエリア15〜16へと移動することができる。

【リオレウスの特徴】
・ 空中の飛行しての行動が多いのは最近のシリーズと同じで、地上にいるときにバックジャンプ炎ブレスで空中に上昇し、空中から毒を伴った脚爪での急襲攻撃や、炎ブレスなどで攻撃してくることが多い。
特に空中からの爪攻撃はダメージに加えて毒状態になるので注意が必要。
・ 怒り状態になると口から火が漏れる。
怒り状態になるとバックジャンプ炎ブレスから空中へ飛行し、飛行しての攻撃が増える。
・ 疲労状態になると口からヨダレを垂らす。
疲労状態になると炎ブレスが不発になる。
・ 体力が残り少なくなると脚を引きずって移動し、飛行して巣のエリア16に戻って寝る

【他モンスターとの戦闘】
・ アンジャナフとは敵対関係にあり、同じエリアにアンジャナフが移動してくると炎ブレスを吐いてダウンさせた後、空中から持ち上げて地面に叩きつけて大ダメージを与える。
この習性を利用して、怒り状態になったアンジャナフはどこまでもハンターを追跡してくるのでリオレウスの巣のエリアまで誘導してリオレウスとの戦闘の持ち込むことで大ダメージを与えることができる。

【リオレウス攻略】
・ 頭が弱点部位なので、チャンス時には頭を狙うことで効率良くダメージを与えられる。
・ 龍属性が最も有効で、次点で雷属性が有効。
・ リオレウスの炎ブレスで火属性やられになった場合には一定時間ダメージを継続して受け続けてしまう。
フィールドに水場がある場合は、水場で回転回避をすることですぐに回復できる他、そうでなくても回転回避を何回かすることで早めに回復できる。
・ レウスの巣となっているエリア16では、木で水がせきとめられていて、せき止められている木がブレスや爆弾などの攻撃で破壊されることで、モンスターが地上にいる場合水を流して下のエリアまで落とすことができ、大ダメージを与えるとともにダウンを奪うことができる。
ただし、モンスターが飛行中の場合失敗するので、地上に降りているときに狙う必要がある。
・ 空中からの爪攻撃は、ダメージに加えて毒状態になるので最も注意が必要。
・ 空中を飛行している間は攻撃を当てにくいので、環境生物の閃光羽虫やスリンガー閃光弾などのアイテムを駆使して空中から落下させる戦い方は従来通り有効。(ただし、アイテムは閃光玉からスリンガー閃光弾に変更になっている)
飛行状態は通常状態よりも怒り状態のほうがより頻度が高く攻撃も激しくなるので、怒り状態で使用するのがおすすめ。

リオレウスの攻撃パターン

攻撃方法詳細
火球ブレス前方に火球を吐いて攻撃する。
火球は遠くまで飛んで爆発する場合と、目の前で爆発して範囲にダメージを与える2パターンがある。
火球に当たるとダメージを受けて火属性やられになる。
怒り状態になると威力と範囲が強化され、疲労状態になると不発になる。
空中炎ブレス空中で炎のブレスを吐いて攻撃する。
なぎはらうように炎のブレスを吐く場合と炎の玉を吐き出して爆発させる場合がある。
地面に着弾した火球は地面に少しの間燃えて残る。
怒り状態になると威力と範囲が強化される。
脚爪飛びかかり攻撃空中から脚爪で飛びかかって攻撃する。
脚爪には毒があり、攻撃を受けることで毒状態になる。
リオレウスの攻撃で最も注意が必要な攻撃。
バックジャンプ炎ブレス目の前に炎ブレスを吐いて爆発させ、反動で空中へ飛び上がる。
怒り状態で使用してくる攻撃で、特に怒り状態になった直後には必ず使用してくる。
回転尻尾攻撃地上で時計回りか反時計回りに回転して尻尾を振って攻撃する。
旧作では2回転していたが、本作では1回転のみになっているが、回転方向は両方のパターンがある。
尻尾を切断するとリーチが短くなる。
小ジャンプ着地攻撃新しく追加された攻撃パターン。
その場で垂直に羽ばたいてジャンプし、そのまま垂直に着地して攻撃する。
ダメージを受けると毒状態になることがある。
ハンターが接近状態のときによく使用してくる。
かみつき攻撃前方をかみついて攻撃する。
かみつき攻撃周辺に炎が発生し火属性の追加ダメージを与える。
空中尻尾なぎ払い空中で尻尾をなぎ払って攻撃する。

topヘ戻る