Home > モンスター図鑑 > イビルジョー

イビルジョー

イビルジョー
別名恐暴竜(きょうぼうりゅう)
英語名称Deviljho
種別獣竜種
破壊可能な部位頭(2段階)、尻尾
咆哮
出現場所古代樹の森
弱点の
肉質
頭:通常/胸:怒頭:通常/胸:怒頭:通常/胸:怒
有効
属性
状態異常麻痺睡眠めまい爆破減気
アイテム閃光玉音爆弾シビレ罠落とし穴設置肉こやし玉
×

※データは過去作のものになります。

属性は◎ > ○ > △ > ×の順で有効。
◎:最も有効 ○:そこそこ有効 △:ダメージは入るが効果は低い ×:ほぼ無効

イビルジョーの肉質

肉質は◎ > ○ > △ > ×の順で有効。
数値の場合は、数値が高いほどダメージが与えやすい。0は無効。
部位切断打撃エキス
656560101015515
3737351515201020
2525255520520
前脚303030101015515
後脚4338355510510
尻尾3532305520520

イビルジョーの肉質(怒り時)

部位切断打撃エキス
3034301515201020
7676601010151515
2222205525525
前脚2727301515201020
後脚353225101015515
尻尾3835305520520

※データは過去作のものになります。

イビルジョーから入手できる素材

上位
本体剥ぎ取り(4回)恐暴竜の黒鱗(39%)、恐暴竜の黒皮(28%)、恐暴竜の鈎爪(20%)、恐暴竜の大牙(11%)、恐暴竜の宝玉(2%)
捕獲報酬恐暴竜の頭殻(40%)、恐暴竜の黒皮(28%)、恐暴竜の鈎爪(20%)、恐暴竜の尻尾(8%)、恐暴竜の宝玉(4%)
頭(2段階)破壊報酬恐暴竜の大牙(50%)、恐暴竜の頭殻(35%)、恐暴竜の大牙×2(15%)
尻尾破壊報酬恐暴竜の尻尾(65%)、恐暴竜の黒鱗(32%)、恐暴竜の宝玉(3%)
落とし物(3回まで)条件:モンスター捕食時、または拘束攻撃終了時
竜の大粒ナミダ(35%)、竜のナミダ(34%)、恐暴竜の鈎爪(30%)、恐暴竜の宝玉(1%)

イビルジョー攻略

貪欲な食用を持ち、あたりにあるものは何でも捕食する習性を持つ、恐暴竜(きょうぼうりゅう)と呼ばれるモンスター。
一定のHR以上のクエストでは、メインターゲットでない場合でもよく乱入してくる特徴がある。

【MHWでのイビルジョー】
・ 2018年春に配信予定の無料アップデートの第一弾で追加されることが判明した。
・ 古代樹の森に出現し、ドスジャグラスの死体を口に咥えた状態で暴れまわって攻撃する攻撃パターンが確認されている。

【イビルジョーの特徴】
・ 他のモンスターよりもスタミナが減りやすく、自身のスタミナが減少すると捕食行動を取ろうとする。
この性質を利用して、罠肉を設置しておくと比較的すぐに捕食する性質があり、毒や麻痺、睡眠などの状態異常にしやすい。
・ 怒り状態になると体の色が変化する。
怒り状態になると肉質が変化し、通常時は頭が弱点で、怒り時になると胸が弱点になる。
その他では、怒り状態では龍属性ブレスなどの強力な攻撃を使用してくるようになるなど攻撃パターンが変化する。

【イビルジョー攻略のポイント】
・ 龍属性と雷属性の攻撃が有効
・ 罠肉系アイテムが有効
・ 震動を起こしてくる攻撃があるので「耐震」スキルが有効
・ イビルジョーの捕食行動はダメージが大きく危険なため、脱出するために「スリンガーこやし弾」を持ち込んでおきたい
・ 通常時は頭、怒り時は胸が弱点
・ 体力が高いため、動きを止めることができる罠肉や罠系のアイテムはなるべく活用して戦いたい。
・ 睡眠肉による睡眠の有効なので、大タル爆弾Gを持ち込んでおくことで睡眠から爆破するまとまったダメージを与えることができるので、大タル爆弾Gも持ち込んでおきたい。

イビルジョーの攻撃パターン

攻撃方法詳細
ダッシュ噛みつき前方に踏み込みつつ噛み付く攻撃。
大回転噛みつき時計回りに回転しながらかみつきつつ、尻尾でなぎ払う攻撃。
タックル身を引いてから体当たりをする攻撃。
四股踏み右脚を持ち上げて踏みつけつつ尻尾を右横に振り下ろして攻撃する。
近くに震動が発生するため動けなくなるが、「耐震」スキルがあれば反撃のチャンスとなる。
左右連続かみつき前進しながら複数回かみついて攻撃する。
岩飛ばし地面から頭で岩をすくって正面に飛ばす攻撃。
飛ぶ岩にはフィールドによって異なる属性が付与される。
龍ブレス怒り状態でのみ使用してくる。
後退または前進しながら前方の扇状の広い範囲に龍属性のブレス攻撃を行う。
攻撃範囲は広いが、近くにいる場合は潜り込むことで回避できる他、ガードできる武器であればガードで防ぐことも可能。
攻撃を受けると龍属性やられになる。
拘束攻撃前方へジャンプしてハンターを踏みつけて拘束状態にして捕食してダメージを与え続ける。
着地地点の近くには震動が発生する。
ダメージが他のモンスターの拘束攻撃と比べて大きいので危険な攻撃。
拘束状態になった場合はスリンガー拘束弾で脱出できるので使用することで脱出できる。
マルチプレイで仲間ハンターが拘束された場合は、危険だと判断したら生命の粉塵で回復するか、スリンガーこやし弾を使用するなどして救出するのもあり。

イビルジョーの関連画像

ドスジャグラスを咥えた状態で暴れまわる行動が確認されている
ドスジャグラスを咥えた状態で暴れまわる行動が確認されている

topヘ戻る