Home > モンスター図鑑 > バフバロ

バフバロ

バフバロの基本情報

バフバロ
別名猛牛竜
種別獣竜種
破壊可能な部位両角
咆哮
出現場所渡りの凍て地(1,2,4,5,6(休),10)
弱点の
肉質
有効
属性
状態異常麻痺睡眠めまい爆破減気
アイテム閃光玉音爆弾シビレ罠落とし穴設置肉こやし玉
××

属性は◎ > ○ > △ > ×の順で有効。
◎:最も有効 ○:そこそこ有効 △:ダメージは入るが効果は低い ×:ほぼ無効

バフバロ攻略

アイスボーンで追加される新モンスター。

大きな2本の角と突進力を備えた獣竜種モンスター。地面を角で削りながら突進し、ときには木をも巻き込み突っ込んでいく。
普段は温泉の水を飲んだり、日光浴をするといった比較的のどかな生態行動が目立つが、好戦的な一面も併せ持つ。

【現在判明している情報】
・ 進行の序盤のほうで登場する
・ 序盤の方で登場するので攻撃内容も直線的で単純

・ 大きなツノが最大の特徴となっていて、ツノを利用してハンターに突進を仕掛けてくる
エリアに応じて、突進の際にいろんな物を巻き込み流れ攻撃してくる。岩場であれば岩を、木が多いエリアであれば木ごと巻き込みながら突進してくる。

・ 性質としては、肉食のモンスターでないのでのどかな生態行動。温泉の水を飲みに来たり、日光浴するような仕草も見られる。


【バフバロ攻略のポイント】
・ 雪エリアで巻き込む雪玉の攻撃に与えると氷属性やられになる。対策としてウチケシの実を持ち込んでおくか、氷耐性を上げるか、耐寒の装衣が有効。
・ 頭を地面に叩きつける攻撃には震動がついているので、耐震スキルも有効。


【縄張り争い】
・ ブラントドスと同じエリアに入ると縄張り争いになる。
最初にブラントドスがバフバロに地面から飛び出て巻き付いてダメージを与えるが、その後にバフバロがブラントドスを投げつけてダメージを与え返す。

バフバロの攻撃パターン

攻撃方法詳細
突進攻撃地面に頭を突っ込みながら、前方に直線的に突進して攻撃する。エリアによって、突進の際に巻き込むものが変化し、巻き込むものによって攻撃の範囲が変化する。
巻き込むものとして、
雪があるエリア:雪玉(氷属性やられ)
岩があるエリア:岩(周囲に飛散)
木があるエリア:木(攻撃範囲が広くなり、2回Uターンし最後に前方に投げつける)
などと変化する。
突進後は振り返って、そのまま頭叩きつけ攻撃へ移行するパターンが多い。
頭叩きつけ攻撃頭を持ち上げた後に前方に叩きつけて攻撃する。
攻撃時に周囲に震動が発生するので近くにいると少しの間行動不能になる。耐震スキルで軽減、あるいは無効化できる。
角で岩や雪玉を持ち上げている場合は、叩きつけて攻撃し、攻撃範囲が広がる。
回転尻尾振り攻撃時計回りに回転し尻尾を振って攻撃する。(半回転1回のみ)
頭突きあげ攻撃地面に頭をつけたあとに、前進しながら頭を突き上げて攻撃する。

バフバロから入手できる素材

マスター
本体剥ぎ取り(3回) 猛牛竜の重甲
猛牛竜の靱尾
猛牛竜の巨大な角
猛牛竜の重殻
大竜玉
両角破壊報酬 猛牛竜の巨大な角

topヘ戻る