Home > 狩猟笛の特徴と操作

狩猟笛の特徴と操作

モンスターハンターワールドの、狩猟笛の特徴と基本操作についての解説です。

狩猟笛の操作とアクション

アクション コマンド 備考
前方攻撃 スライドパッド+△/左ぶん回し後△
||||
無色音色
左ぶん回し
||||
無色音色
右ぶん回し
|||||
赤色音色
右二連ぶん回し スライドパッド+◯
||||||
赤色音色
後方攻撃 △+◯
|||||
青色音色
叩きつけ スライドパッド+△+◯
||||||||
青色音色
前方演奏 スライドパッド上+R2
|||||||||
R2長押しで複数旋律演奏可
演奏攻撃 R2
|||||||||
R2長押しで複数旋律演奏可
前方演奏(重ねがけ) 演奏攻撃後にスライドパッド上+R2
||||||||||||||||||||
演奏攻撃(重ねがけ) 演奏攻撃後にR2
||||||||||||||||||||
ジャンプ攻撃 ジャンプ中に△or◯or△+◯
攻撃によって音色が変化
ジャンプ強叩きつけ 坂をスライディング中に△or◯or△+◯
攻撃によって音色が変化

狩猟笛の特徴

狩猟笛は、攻撃をすることで音色を蓄積することができる武器。
攻撃の種類(◯、△、△+◯)ごとに蓄積できる音色が異なり、特定の音色を3つ組み合わせてから演奏することで旋律を奏でることができ、演奏した旋律の種類によって同じエリアにいる仲間全員に何らかの効果を付与することができる。
狩猟笛自体はガードができない打撃系の武器で、特徴や立ち回りとしてはハンマーに近いが、攻撃のリーチが長い特徴があり、演奏効果が同じエリアにいる味方全体に効果があるため、特にマルチプレイでパーティのサポートに向いている武器といえる。

MHWでの変更点

  • これまではストックできる演奏は1種類だけだったが、モンスターハンターワールドでは演奏を3つまでストック可能になった。
    攻撃をして音色が発動可能な演奏になると、画面左上に3種類まで演奏がストックされ、4つ目の演奏が溜まると古いものが消える。
    演奏する際にR2を長押しすることで、演奏時間は長くなるが溜めておいた演奏を最大で3つまで同時に発動させることができ、さらに重ねがけすることで演奏した3種類の演奏を同時に重ねがけして効果を強化したり効果時間を延長することができる。
  • MH4、MHXXシリーズであった連音攻撃はなくなった
  • 武器ごとに演奏可能な旋律の種類や効果は異なるが、旋律可能な演奏の種類が画面右上に表示されるため、旋律をメモしたり、都度調べたりする必要はなくなった。

『モンスターハンター:ワールド』武器紹介動画:狩猟笛

Home > 狩猟笛の特徴と操作

 
各種データ
防具・スキルデータ
クエストデータ
基本情報
新要素
冒険の拠点アステラ
武器の特徴と操作
狩りの基礎知識
コラム
モンスターデータ
当サイトについて

topヘ戻る