Home > ガンランスの特徴と操作

ガンランスの特徴と操作

モンスターハンターワールドの、ガンランスの特徴と操作についての解説

ガンランスの操作とアクション

アクション コマンド 備考
水平突きⅠ
||||
水平突きⅡ 水平突きⅠ後に△
||||
水平突きⅢ 水平突きⅡ後に△
||||
ガード突きⅠ ガード中に△
||||
ガード突きⅡ ガード突きⅠ後に△
||||
ガード突きⅢ ガード突きⅡ後に△
||||
踏み込み突き上げ 前進しながら△
|||||
斬り上げ △+◯
|||||
叩きつけ 斬り上げ後に△/砲撃orジャンプ突き後に△+◯
||||||||
なぎ払い 叩きつけorジャンプ叩きつけorフルバースト後に△
||||||||||||
砲撃(中段) 砲撃の種類によって威力変化
砲撃(上段) 斬り上げorガード突き後◯ 砲撃の種類によって威力変化
長押しで溜め砲撃(上段)
溜め砲撃 連携後◯長押し 砲撃の種類によって威力変化
フルバースト 叩きつけorジャンプ叩きつけ後に◯ 砲撃の種類によって威力変化
全弾を消費
竜撃砲 ガード中に△+◯ 使用後再使用に一定時間冷却が必要
竜杭砲 砲撃Ⅱorフルバースト後に◯/なぎ払い後に△or◯ 一定時間後に爆発
再使用にはリロードが必要
ジャンプ突き ジャンプ中に△
|||||
ジャンプ叩きつけ ジャンプ中にR2
|||||||
空中フルバースト ジャンプ中に◯ 空中でのフルバースト
ジャンプ斬り上げ 坂をスライディング中に△
攻撃後ジャンプアクションに派生可能
ガード R2
リロード ガード中に◯
クイックリロード 連携後に◯+R2 全弾装填できるが竜杭砲は装填不可
バックステップ
サイドステップ 攻撃後にスライドパッド左右+☓
前方ステップ スライドパッド↑+☓

ガンランスの特徴

ガンランスは、砲撃機能が追加されたランス。
通常のランスの突き攻撃と、砲撃機能を兼ね備えていて、状況によって切断属性の突き攻撃と、肉質無視のダメージを与えることができる砲撃を使い分けて戦うことができる。
砲撃にも通常の砲撃から、全弾消費した放つ「フルバースト」や、一撃必殺の「竜撃砲」は発射後に一定時間再使用まで冷却が必要となる。
砲撃にはランスに装填されている弾を消費するため、なくなったら再使用にはリロードが必要となる。
高いガード性能を持っていて、ガードで身を固めながら戦うことができる特徴はランスと同じだが、突進などランスの一部のアクションは使用することができない。

MHWでの変更点

  • 砲撃の種類に、モンスターに当ててから一定時間後に爆発する種類の砲撃(竜杭砲)が追加。
    竜杭砲はモンスターに打ち込んでから一定時間後に爆発するタイプの砲撃で、使用後はリロードすることで再使用が可能になる。
  • MHXシリーズであったヒートゲージの概念は廃止された
  • 空中でのアクションにジャンプ突きと、空中フルバーストが追加
  • 坂をスライディング中の「ジャンプ斬り上げ」のアクションが追加
  • 抜刀中に前方へのステップが可能になった

『モンスターハンター:ワールド』武器紹介動画:ガンランス

Home > ガンランスの特徴と操作

 
各種データ
防具・スキルデータ
クエストデータ
基本情報
新要素
冒険の拠点アステラ
武器の特徴と操作
狩りの基礎知識
コラム
モンスターデータ
当サイトについて

topヘ戻る