Home > 操虫棍の特徴と操作

操虫棍の特徴と操作

モンスターハンターワールドで、操虫棍の特徴と操作についての解説です。

操虫棍の操作とアクション

アクション コマンド 備考
連続斬り上げ
|||||
強化連続斬り上げ
|||||||||
赤エキス時
なぎ払い
||||
赤エキス時は強化なぎ払い
強化なぎ払い
|||||||||
赤エキス時
叩きつけ 連続斬り上げorなぎ払い後に◯
|||||
赤エキス時は飛円斬り
飛円斬り 強化連続斬り上げor強化なぎ払い後に◯
|||||||||||
赤エキス時
突き 移動中に△
||
赤エキス時は強化突き
強化突き 移動中に△
|||||
赤エキス時
飛び込み斬り 移動中に◯
||||
けさ斬り 連続斬り上げor突き後△
|||
赤エキス時は強化けさ斬り
二段斬り けさ斬り後△
|||||||
赤エキス時は強化二段斬り
強化二段斬り 強化けさ斬り後△
||||||||||
赤エキス時
印弾照準 L2
操虫【エキス採取】 L2+△
操虫【虫寄せ】 L2+◯
操虫【印当て】 R2
|
攻撃を当てた箇所に印弾の効果
印弾 L2+R2 印弾を当てた箇所からエキス採取後、攻撃時に印弾爆発
跳躍 R2+☓
ジャンプ斬り ジャンプ中に△
|||
赤エキス時は強化ジャンプ斬り
強化ジャンプ斬り ジャンプ中に△
||||
赤エキス時
ジャンプ突進斬り ジャンプ中に◯/坂をスライディング中に△
|||||
赤エキス時は強化ジャンプ突進斬り
強化ジャンプ突進斬り ジャンプ中に◯/坂をスライディング中に△
||||||
赤エキス時は強化突進斬り
複数回ヒット
空中回避 ジャンプ中に☓
連続斬り(乗り中) 乗り攻防中で技名が表示時に△

操虫棍の特徴

猟虫と呼ばれる虫が武器とセットになっていて、猟虫をモンスターめがけて飛ばしてエキスを採取することで、一定時間ハンターの性能を強化することができる。

エキスは猟虫をヒットさせた部位によって採取できるエキスが異なり、攻撃力をアップする赤エキスや、移動速度やジャンプ性能を高める白エキスなどがある。

また、武器自身の性能を使って段差なしでもジャンプすることができ、ジャンプ攻撃をすることができる。
このため、他の武器と比べるとモンスターへの乗り状態になる機会が多く、乗り攻防を制してモンスターをダウンさせることで攻撃の機会を多くつくることができる。

エキスなしでの操虫棍の攻撃力は低めなので、エキスを採取して強化しつつ戦うことがポイントとなる。

エキスの効果

得られるエキスの色によって様々な効果があり、3色ともそろえると最も高い効果が得られる。
得られるエキスの色は、猟虫をヒットさせるモンスターの部位によって決まっている。
エキスの中で最も重要なのは攻撃力がアップする赤エキスだが、基本的には猟虫を頭にヒットさせると赤エキスが得られる場合が多い。
それ以外では、白エキスは脚などの移動のための部位からで、橙エキスは胴や背中から得られることが多い(例外はあり)。

エキスの効果は以下の通りで、それぞれ効果は重複される。

攻撃性能強化
攻撃中のけぞり無効
移動速度アップ
体力回復
赤+白 攻撃力中アップ
白+橙 防御力小アップ+耳栓効果+ダメージリアクション軽減
赤+白+橙 攻撃力大アップ

MHWでの変更点

  • 本作では、ジャンプ中に移動する空中回避が可能となっていて、空中での機動力がアップしている他、通常のジャンプ斬り以外にジャンプ突進斬りが可能となっている
  • 猟虫の発射がボウガンのように照準を合わせて発射するタイプに変更された。このため印弾をヒットさせなくても狙った部位に猟虫を飛ばすことが可能となった。
    旧作のように印弾を当て、そこに猟虫を飛ばすことも可能だが、本作では印弾を当てた箇所に猟虫をヒットさせると、エキス採取とともに猟虫粉塵がまかれるようになり、そこに攻撃を当てることで特性に応じた爆発が発生するというメリットが追加されている。
  • 本作でも棍と猟虫はそれぞれ別の扱いになっていて、それぞれ強化や育成は別となっている。そのため、棍ごとに猟虫を育成する必要はない。

操虫棍の立ち回りのポイント

操虫棍は操作方法や空中でのアクションの強化など、いくつか変更点はあるものの基本的な立ち回りに大き変化はない。
(新アクションとして、空中回避やジャンプ突進斬りが追加されたり、印弾から爆発を誘発できるようになったが、そこまで使用しないので操虫棍の立ち回りとしては大きな変化はない。)

基本的にはエキスを採取しない状態での操虫棍は弱いので3色のエキスを採取することで強力な武器へと変化する。

エキスは3色とも取った状態を維持できれば最強だが、難しい場合は優先度が赤>白>橙の順で、1色か2色だけでも取れておくと有利に立ち回れる。
特に攻撃が強化される赤エキスは必ず取っておきたい。

それ以外のもう1つの特徴として、段差なしで乗り攻撃が行えることがあるが、この要素はマルチプレイで特に重要となる。

本作では、乗り攻防に入ってからダウンさせるのにかかる時間が長めになっているので、特にソロプレイでは単純に討伐時間を速めるためであればジャンプ攻撃から乗り状態を狙う重要性は低めとなっている(乗り攻防している間に攻撃したほうがダメージを出せる)が、マルチプレイであればダウン時にパーティで集中攻撃できる他、ダウンまで仲間がサポートできるので重要性は上がる。

猟虫を育成することでエキスの効果をパーティ全体に付与する効果が前作では強力だったので、同様のスキルを猟虫が得ることができればパーティプレイで活躍できる機会がより大きくなるだろう。

また、操虫棍の役割をサポート役と割り切ってしまえば、麻痺属性の操虫棍を作成して、ダウンや麻痺にしてモンスターの行動を奪う役目にすると、パーティ内における役割がより明確となる。

『モンスターハンター:ワールド』武器紹介動画:操虫棍

Home > 操虫棍の特徴と操作

 
各種データ
防具・スキルデータ
クエストデータ
基本情報
新要素
冒険の拠点アステラ
武器の特徴と操作
狩りの基礎知識
コラム
モンスターデータ
当サイトについて

topヘ戻る