Home > 弓の特徴と操作

弓の特徴と操作

モンスターハンターワールドで、弓の特徴と操作についての解説です。

弓の操作とアクション

アクション コマンド 備考
ビンの選択 L1+△/☓
ビンの装着/解除
照準 L2
引き絞り R2長押し
射撃 R2
溜め R2長押し
溜め撃ち 溜め中にR2を離す 溜めなし、溜めⅠ、溜めⅡの3段階
射撃(溜めなし) R2 1ヒット
射撃(溜めⅠ) 溜めⅠor射撃(溜めなし)後にR2 2ヒット
射撃(溜めⅡ) 溜めⅡor射撃(溜めⅠ)後にR2 3ヒット
クイックショット 弓を引かずに射撃できる
曲射(溜めなし) 溜め後すぐ◯ 減気、気絶値を含む
曲射(溜めⅠ) 溜めⅠ後◯ 減気、気絶値を含む
曲射(溜めⅡ) 溜めⅡ後◯ 減気、気絶値を含む
剛射(溜めⅠ) 射撃(溜めなし)orクイックショット後に◯
剛射(溜めⅡ) 射撃(溜めⅠ/溜めⅡ)後に◯
竜の一矢(溜めなし) △+◯ 力を溜めての強力な射撃。貫通性能あり
溜め時間が長くキャンセルできない
竜の一矢(溜めⅠ) 溜めⅠ後or射撃(溜めなし)後に△+◯ 力を溜めての強力な射撃。貫通性能あり
溜め時間が長くキャンセルできない
竜の一矢(溜めⅡ) 溜めⅡ後or射撃(溜めⅠ/Ⅱ)or剛射後に△+◯ 力を溜めての強力な射撃。貫通性能あり
溜め時間が長くキャンセルできない
バックステップ
チャージステップ 左スティック+L2長押し+☓ モンスターの攻撃を避けつつ溜めⅠ状態になる

弓の特徴

力を溜め、様々な射撃が可能な中距離武器。
様々な種類のビンを装着することができ、ビンの種類によっては攻撃とともに麻痺、毒、睡眠などの状態異常を狙うことができる。
装着できるビンの種類は装備する弓の種類によって異なる。
ガンナーは防具装備時に物理ダメージ軽減の補正がつかないため、モンスターの物理攻撃の被ダメージが大きいので、距離をとって攻撃できることを活かして、なるべく敵の攻撃を受けないように立ち回る必要がある。
攻撃は通常の射撃以外に曲射、剛射といった特別な射撃があり、本作では曲射と剛射は武器種類に関わらず両方とも使用することができる。

適正距離によるダメージの変化

弓は、適正距離で攻撃ヒットさせることでダメージを最大化できる特徴がある。
本作では、矢の適正距離は、照準を定めたときに表示される円によって分かるようになっていて、適正距離の場合オレンジ色の◎で照準が表示され、適正距離出ない場合は薄いオレンジ色の◯で表示され、照準外の場合は「OUT OF RANGE」と表示される。
旧作では適正距離が何段階かに分かれていて複雑だったが、シンプルになっている。
接撃ビン装備時は、射程が短くなるが、モンスターとの至近距離が適正距離に変化する。

溜めによる射撃性能の変化

弓は通常の射撃が、溜めなしの射撃、溜めⅠでの射撃、溜めⅡの射撃と3段階の射撃があり、溜めるほどダメージとヒット数がアップする。
溜め無しでの射撃が1ヒット、溜めⅠで2ヒット、溜めⅡで3ヒットするため、溜めるほどダメージの期待値が断然大きくなる。

状態異常系のビンを装着している場合も、溜めることで状態異常の蓄積値も上昇するため、溜めてから射撃するほうが状態異常にしやすい。

また、本作からは射撃を連続で出した場合、直前の射撃の一段階上の射撃を繰り出すことができるようになった。(最大で溜めⅡ)

剛射

通常の射撃に追撃で放つことができる射撃。
直前の射撃の溜め段階に1段階上の溜めが適用され、最大で剛射(溜めⅡ)になる。
剛射は複数回ヒット数する威力の高い攻撃なので、基本的に通常の射撃後に追撃で使用することでダメージ効率が高くなる。

曲射

上空に矢を打ち上げてからモンスターの上に降らせる特殊な射撃。
攻撃に減気値と気絶値を含むため、モンスターを疲労状態やめまい状態にすることがある。
攻撃範囲が広く弱点部位をねらい撃ちにはしにくいが、通常の射撃では狙いにくい背中などの高い位置の部位を攻撃するのに向いている。
通常の射撃や剛射と比較すると使用される場面は少ない。

竜の一矢

貫通性能を持つ強力な溜め撃ちで、ボウガンの貫通弾と同じく、体の大きいモンスターや複数の部位にまとめてヒットする場合、より強力な攻撃手段となる。
竜の一矢にも溜め段階が最大で2段階まであるため、溜め段階が高い状態で使用するほど高いダメージが期待できる。
溜め時間が長くキャンセルできないため、モンスターが動けない時やひるんでいる時など、チャンス時に使用したい攻撃。

ビンの種類

弓のビンの種類は以下の通り。

名称 効果
接撃ビン 射撃距離が減衰するが、近距離の威力が増加。個数無制限
強撃ビン 攻撃力が上昇する。最大50個
麻痺ビン 麻痺属性が付与される。最大20個
毒ビン 毒属性が付与される。最大20個
睡眠ビン 睡眠属性が付与される。最大20個
爆破ビン 爆破属性が付与される。最大20個

MHWでの変更点

  • 本作での曲射と剛射は、装備している弓の種類に関係なく使用可能になっている
  • 相手の攻撃を避けつつ溜め撃ちが可能な「チャージステップ」のアクションが追加
  • 射撃での連携で、「竜の一矢」という力を溜めてからの特別威力の高い射撃ができるようになった。貫通性能を持つため、ヒットできる部位が多い敵ほど高い威力が出る。
  • 弓を引き絞って照準を定めた時に、対象が射程圏外にいるときに「OUT OF RANGE」と、射程圏外であることが表示されるようになった他、照準の色でダメージの有効度が分かるようになっている。
    最もダメージが出る距離の場合、照準が濃いオレンジ色の◎で表示され、近すぎたり遠すぎると薄いオレンジ色の◯になる。
  • 弓を引かずに射撃できる「クイックショット」のアクションが追加
  • 射撃後に溜め段階が1段階上昇する仕様になっている。そのため、例えば最初から溜めて発射せずにR2連打で溜めなし→溜めⅠ→溜めⅡと連射できる。
  • 弓の種類に「連射・拡散・貫通」のタイプがなくなった。
  • 接撃ビンの個数が無制限になった。

弓の立ち回りのポイント

モンスターハンターワールドでは、仕様が変わったり新しいアクションが追加されることで弓の立ち回りも大きく変化した。

射撃での溜め段階の上昇

本作での弓の一番大きな変更点として、射撃することで溜め段階が上昇するようになったこと。
このため、従来のシリーズではまず溜めながら移動し、溜めⅡから射撃することが多かったが、本作では溜めⅠからそのまま連射で溜めⅡへ繋いだり、溜めなしでの射撃から溜めⅠ、溜めⅡと連続で射撃するだけでも高い威力が期待できるようになった。
ただしこの方法では、射撃回数が増える分強撃ビンなどのビンの消耗も多くなるため、モンスターや武器の強さなどによって使い分けが必要となる。

最強の射撃「竜の一矢」

弓に新しく追加された「竜の一矢」と呼ばれるアクションが非常に強力で、溜め時間が長くキャンセルできないというデメリットはあるものの、威力の高い射撃でさらに貫通性能を持っている。
威力が高く貫通性能があるため、高い威力を出すには、ただ射つだけではなく、ボウガンの貫通弾と同じようになるべく多くの部位にヒットするように放つ必要がある他、古龍などの体の大きいモンスターにはより高い効果が期待できる。

また、竜の一矢も溜めで威力が上昇するため、溜めなしで使用するよりも、溜めてから発射することで最高の威力を出すことができる。

上記の射撃での溜め段階の上昇を活かすこともできるので、例えば「溜めⅠ射撃」→「剛射Ⅱ」→「竜の一矢」と連携することで、竜の一矢に溜めⅡの効果が付与される。

新アクション「チャージステップ」

新しく追加されたアクションで、ステップをしながら溜めることができる。
上級者向きのアクションだが、活用することでモンスターの攻撃を回避しながら反撃するといった攻防一体の戦い方ができる。

弓のおすすめの攻撃パターン

アクション コマンド コメント
溜め→射撃(溜めⅡ)→剛射(溜めⅡ) R2長押しで離す→◯ 通常の攻撃パターン
溜め→竜の一矢(溜めⅡ) R2長押し→△+◯ チャンス時の威力の高い射撃
溜め→射撃(溜めⅠ)→剛射(溜めⅡ)→竜の一矢(溜めⅡ) R2長押しで離す→◯→△+◯ チャンス時の威力の高い射撃連携
射撃(溜めなし)→剛射(溜めⅠ)→竜の一矢(溜めⅡ) R2→◯→△+◯ チャンス時の威力の高い射撃連携

『モンスターハンター:ワールド』武器紹介動画:弓

Home > 弓の特徴と操作

 
各種データ
防具・スキルデータ
クエストデータ
基本情報
新要素
冒険の拠点アステラ
武器の特徴と操作
狩りの基礎知識
コラム
モンスターデータ
当サイトについて

topヘ戻る